<< お詫び | main | 河芸マリーナオーナーズイベント >>
2011.10.20 Thursday

2011JBトップ50最終戦

0
    会場となる北浦 いち早く準備をする

    ミーティング


    戦略が頭の中を渦巻くのだろうか リラックスしながら煙草を吸う選手 
    選手同士で盛り上がったり それぞれの形で最終戦に臨む


    天気は晴れ シルバーに輝く北浦 ここから出船

    勝ち取った最終戦。前山プロ スロープに到着

    数店の出店があり、独自の開発力をアピールする場ともなった。


    小森プロのウェアに縫い付けられた東日本へのメッセージ。

    フライト後のオークション。秦プロ 北山プロ 中島プロのMC

     
    会場は大盛り上がる。各選手からの出品で次々と値が跳ね上がる様子も見られた。

    続々と帰着 藤木プロ

    次々と軽量が行われる MC関和プロによって進行された。

    軽量を待つSHINGOプロ。

    福島プロ

    トーナメントは結果が全てを語る厳しい世界 阿部プロ 

    馬淵プロのキャラが会場を笑いへと変える。

    数少ない観戦で感じた点ではあるが、
    異様なパワーを感じる今江プロ。とにかく強い

    次々と今戦を勝ち抜いた5人がステージへ
    優勝は…

    闘い続け、願い続けた結果を手に喜びを噛み締める市村プロ。
    そのトロフィに重みが伝わってきた。




    山岡プロ 北プロ

    篠塚プロ


    そして年間優勝の発表が行われる。 
    MCは今シーズン大きな存在感の大塚プロによって進められた。


    青木プロのコメントに V2チャンピオン小森プロが応対 
    会場にドッと笑いがおこる

    年間優勝を果たした福島プロ。
    楽な試合など一つも無いはず、心の底からガッツポーズが溢れ出す


    安堵感と更なる闘志が伝わってくる。

    この瞬間のために闘う。

    おめでとう御座います。


    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM